泣き寝入りしない為に!歯科治療で知っておくべきこととは

処置しなければならない歯を放置もしくは誤診

歯茎にセメントがついたまま放置

歯科治療でよくある処置は、虫歯を削った後型どりをして銀歯を入れる処置になります。
どうやって銀歯をつけるのかといえば、歯科用のセメントを使用して歯を装着します。しかしこの時に余分なセメントを取り損ねてしまいそのまま放置され炎症が起こってしまうこともあるのです。
その他にも、仮歯をそのまま欠損痕につけてしまわれ、そのまま放置している方もおられるようです。
このような処置をされると、当然歯茎の状態は悪くなりその他の歯にも影響が出てくるので本当にどうしようもなくなってから来られる方が多いようです。訴訟を起こされても文句を言えないような処置なのになぜ訴訟を起こさなかったのか、それは訴訟を起こすとなるとそれなりの費用がかかるし、かなりの医療知識が必要になるからだと思います。

もう一度歯医者を信用してもらう為に

このように、歯科医院に嫌な思い出しかない患者さんは、新しい歯科医院に来ても最初はかなり警戒心が強く態度も悪い方が多い傾向にあります。
それは仕方がないことですが、正直新しい担当の歯科医師には関係のないことです。それでも患者さんのことを考えればこの状態で過ごさせるわけにはいきません。
私の知っている歯科医師はそのような他院からの患者さんの対応が素晴らしく、最初は本当に治るのかどうか途方に暮れていた患者さんの歯を見事に治療し絶大なる信頼関係を築いていました。
正直なところ、それほど特別な処置をされたわけではなく、ただ歯茎の掃除を徹底していた処置でしたが、本来歯科衛生士にさせる処置を歯科医師自ら丁寧に行ってくれたことに感動したのか、その患者さんの態度は来院ごとに穏やかになっていきました。担当歯科医師の真摯な態度というのは、信頼関係を築くのに必要不可欠なものだと思います。


この記事をシェアする